内緒で利用する



クレジットカード現金化については、業者によってはホームページ上のやりとりだけで、ここでは電話での申し込みは受け付けないことがあります。 そういった理由ですから、いざ申し込みをする段階になって、いろいろと聞いておきたいことが出てくる人もいると思われます。 たとえば、自分の持っているショッピング枠はどれくらいあるのだろうかというような、誰もが思う疑問です。 これはカード会社に事前に問い合わせておくことを現状ではオススメします。 あるいは、クレジットカード現金化を同居している家族や恋人、またはこれが親戚や兄弟などに知られたりします。 もしくは、同僚にばれないようにしたいという人もいます。 大手の消費者金融のように督促状が自宅に届くのではないか、また、ここでは購入した商品を不審がられるのではないかと、不安で心配するかもしれません。

カード現金


お届け先を選べます



そういった人のために、購入した商品の届け先に、勤務している仕事場など他の場所を指定することも可能になっています。 また、借金の督促状が届く心配もありませんが、その代わりに、今の提携のカード会社から利用料金の請求書が届くので、遅滞なく返済するようにすれば、まったく問題はないのです。 そして、こうしてクレジットカード現金化を検討している人のなかには、結果どれだけ自分が損をしないかという点に注意を払っている人もいるはずです。 このような現状でのキャッシングや消費者金融の金利は最大で今は29.2パーセントというような数字です。 それを考えれば、このように単純にショッピング枠の大凡10パーセント程度の金利の方が良いのです。 トータルでの負担は少ないと言えるでしょう。 ただし、今のこういった現状では購入金額の全部ではなくて、手数料が引かれた額がキャッシュバックされるので、それを頭に入れ予め踏まえて確実に計算しなければいけません。

現金化の流れ
基本情報